ニュースレターって?

ニュースレターイメージ

 

[前書き]

「ニュースレターは今の時代、効果のある媒体なんだからもっと色々な人にオススメしなきゃダメだよ」
そう多くの方に言われ続け、スルーを重ね、かなりの月日が何もなかったような顔をして通り過ぎていきました。

さすがに僕も「これだけ情報や実例をインプットできているのに、アウトプットしないと…」と、やっとこさ重い腰をあげ、文体は軽めに、いざ行動に移し始めようとニュースレターブログを始めてみることにしました。

大好きだったあの娘に、ずっと想い続けていたあの娘に「ずっと好きだったんだぜ~♪」と伝えなければ…。そんな心境でしょうか。
想ってばかりでは、いつまで経っても片思い。成就することはありませんもんね。
そんな経験ありませんか?

 

アナタの想いはアナタが想うほど見事に相手には伝わっていない

僕たちは日々、情報洪水の中で生きています。「あれ?最近記憶力が低下したなぁ」と感じている方も多いと思いますが、そうではありません。日々接する情報が多すぎるんです。
総務省が発表したデータによる、人が処理できる情報量は、ここ10数年ほとんど変わらないのに対し、世の中に流れる情報は拡大し続け、10数年前に比べ、637倍へと跳ね上がったそうです。
「そりゃ忘れるわい!覚えてられるかい!」という話ですよね。
だからこそ皆さん、外部の脳(スマホやSNS)で、なんとかして記憶して日々生活しているんですよね?
そうでもしないと脳がパンクしてしまいますもん。

消費者だって同じこと。
つまり、あなたが伝えたい情報自体が埋もれてしまって、消費者に届きにくくなっているのが現状です。
しかも、それはアナタが想っているほど、意中の相手に伝わってもいない。そう、見事なくらいに・・・。
気になるあの娘は、全然違う誰かを見ている。なんだかとっても悔しいですね。
そして厄介なことに、移り気が激しいんです、あの娘・・・。
忘れてしまうんです、あの娘ったら・・・。まぁ、それが、あの娘(消費者)の特長なのですが・・・。

 

慮(おもんぱか)れていますか? 既存のお客様を

消費者優先になったこの時代。モノ余りのこの時代に強く求められるのは、既存のお客様との関係性を強化していく販促戦略です。
モノが余っているんですから、当然価格やスペックを前面に出しても商品は売れにくい時代になっています(生活必需品除く)。売り込み色が強いと消費者に嫌われるしね・・・。

だからこそ、新規のお客に営業をするよりも、アナタを想い続けてくれている既存のお客様をフォローし、おもんぱかる。これが大切なのです。

パレートの法則。あれですね。

価格やスペック情報ではなく「アナタや商品開発にまつわる物語」「スタッフの日常や信念」等を発信し、アナタのファンを「信者」へと育て上げ、他社を寄せ付けない存在(企業・お店)にする。
その一翼を担える媒体こそが、ニュースレターなのです。

 

そもそもニュースレターって何??

チラシやDMと根本的に概念が違うところは「売り込みのない構成」になっている自社発行の新聞・マガジンということです。

お客様に有益となる情報や社長・スタッフの自己開示を定期的に発信し続けることで信頼関係を構築・強化し、アナタのファンを育て、増やしていきます。
そもそも企業側の売りたいタイミングと消費者の買いたいタイミングがマッチするとは考えにくい(ほぼありえない)ので、こうしてニュースレターを定期的に発行し、定期接触を図ることで、関係性を強化し、距離を縮めていく戦略が大切なのです。

「あの人がいるからあの店へ行こう」
「あの人が勧めるからあの商品を買えば間違いない」

他社と差別化をするのは、価格でも商品でもなく、そう『人』なのです。
それが今の時代の消費特性である「社交の消費」といわれるものです。
『人』を強く打ち出せる媒体、それこそがコミュニケーションツールであるニュースレターの役割なのです。

感情マーケティングで有名な神田昌典氏も、こう言ってますね。
『どの会社もニュースレターを死んでも発行しなけりゃいけません。ニュースレターは顧客を引き留め、リピート購買を促進するエンジンの役目。ニュースレターを出さないことは、私にゃ、怖くて考えれませんよ』

 

さいごに

「お、おい!えらい中途半端なとこで記事書くの止めたな、キミ!」と思われるかもしれませんが、最後に本ブログの役割と今後のコンテンツ内容をお知らせさせていただきます。

1.ニュースレターのススメ(連載)
発行頻度や掲載すべき内容など、ニュースレター発行を考えている方向けに情報を発信していきます。

2.弊社の既存お客様のフォローツール
現状、ニュースレターの制作を依頼してくださっているお客様のコンテンツを、より多くの方に伝えるべくweb用に記事を転載し、紹介していきます。

3.その他販売促進や制作実績について
日々取材を重ねる中で出会った、皆様にも役立てられるような販促情報。ニュースレター以外に僕が手がけた仕事を紹介させていただきます。

4.雑記
うん。そのまんまです。自己開示が目的です。

 

上記4つを柱に本ブログを緩~く育てていければと考えております。なお、その日の体調やテンション、気候や天候などにより、どの柱が大黒柱となるかは現在のところ未定です(笑)
どうぞ、末長いお付き合いをお願い申し上げます。

☆☆☆お知らせ☆☆☆
facebookページにて制作事例がご覧いただけます!コチラから

☆☆☆更新情報☆☆☆
[ニュースレターのススメ Vol.001]ニュースレターを発行する目的を明確にしよう!
[ニュースレターのススメ Vol.002]ニュースレターの中枢である自己開示の必要性
【ニュースレターのススメ Vol.003】ニュースレターはファンを育てるツール
【ニュースレターのススメ Vol.004】ニュースレターの発行頻度の決め方
[ニュースレターのススメ Vol.005]顧客リストを活用していますか?
[ニュースレターのススメ Vol.006]発行してすぐに売上げが上がるわけではない
【ニュースレターのススメ Vol.007】ニュースレターを継続発行する仕組みを作ろう!
【ニュースレターのススメ Vol.008】
ニュースレターは「カラー」or「モノクロ」?