ニュースレター記事まとめ

2014.12.26|ニュースレター

飲んだくれのFan×Fun編集長
ニュースレターに関する記事をまとめてみました。
※随時更新していきます。

 

ニュースレターって何?

当サイトにお立ち寄りいただき、ありがとうございます。

「今よりも売上伸ばしたい!」「業績をよくしたい!」という意識の高いプレミアムな方が立ち寄っていただけてると勝手に感じています。

当サイトは、ニュースレターの効果やノウハウ、販促に役立つ情報、また普段お付き合いいただいているクライアント様を応援させていただくことをコンセプトとしたサイトを目指しております。→《続きはこちら》

 

ニュースレターを発行する目的を明確にしよう!

ニュースレターを発行するにあたり、目的をしっかりと明確にしておく必要があります。
どのように考えてニュースレター発行の目的を明確にすれば良いのでしょうか。
一緒に考えていきましょう。→《続きはこちら》

 

ニュースレターの中枢である自己開示の必要性

ニュースレターはお客様とのコミュニケーションを図るツールですから、内容や企画を考える際、
自社サービスや業務についての内容だけではなく、自分の家族や飼っているペットのことや、好きな芸能人、
最近見た映画や本の感想、自慢に思っていることや失敗談など
、いわゆる自己開示を取り入れることがとても重要。→《続きはこちら》

 

ニュースレターはファンを育てるツール

ニュースレターを作るときには、自己開示とともに「リピーター」へと育てていけるような仕掛けも大切です。
そのリピーターとなったお客様が新しいお客様を連れてきてくれるような「ファン」に育てることを目的として設定すると、
さらに効果的なニュースレターの作成をすることができます。→《続きはこちら》

 

ニュースレターの発行頻度の決め方

ニュースレターの発行において、そのニュースレターの内容はもちろんの事、発行頻度の設定も重要になってきます。
できれば不定期で発行するのではなく、定期的・継続的に発行をすることが、お客様とのコミュニケーションを深める上で、
とても大切になってきます。
《続きはこちら》

 

顧客リストを活用していますか?

顧客リストは会社の財産といわれるほど重要なものです。
それを活用することができなければ、ただのデータになってしまいます。
ニュースレターの発行は、顧客リストを活用できる手段の一つでもあります。→《続きはこちら》

 

発行してすぐに売上げが上がるわけではない

ニュースレターを発行する=売り上げが上がる、という認識をしている人は少なくありません。
しかし実際のニュースレターは、直接売り上げを上げるためのツールではありません。
ではなんのためのツールなのでしょうか?→《続きはこちら》

 

ニュースレターを継続発行する仕組みを作ろう!

今回はどのようにしたらニュースレターの発行を継続していけるか。
ニュースレターは継続して発行してこそ、リピーターに繋がるものです。
継続発行しやすくするために、ある程度の仕組みを作ることをおすすめします。→《続きはこちら》

 

ニュースレターは「カラー」or「モノクロ」?

ニュースレターはどうしても、カラーの方が見栄えがいいと感じてしまいますが、
定期的に発行するにはコストがかかりすぎてしまうことを考えなければなりません。
こういった場合、どちらを選択すれば良いのか、迷うことはありませんか?→《続きはこちら》

 

ニュースレターのネタ切れを防ぐための4つの方法

ニュースレターも書き始めはいろいろと書くことがあるのですが、回を追うにつれて書くことがなかなか見つからなくなってしまうことがあるかとおもいます。
こうなるとニュースレターを作成するのに時間がかかってしまう上に、内容も以前よりも面白くないものになってしまいがちです。これを防ぐにはどうしたら良いのでしょうか。→《続きはこちら》

 

ニュースレターの効果を高める送り先

ニュースレターの発行は手間もお金もかかるもの。
だからこそできれば効果的な相手に送って、効率よく効果を高めていきたいものです。→《続きはこちら》

 

 

 ニュースレターを発行している企業様の声

b0008796_6465824 のコピー

ニュースレターを通して顧客の本音が見えたり、将来的な顧客の創出に役立ち、差別化も出来ます。
「継続→反響→差別化→戦略→売上」という図式に大変役に立っています。→《続きはこちら》

 

ニュースレターに掲載中のレシピコーナーが人気です♩

ニュースレターに掲載中のレシピコーナーが人気です♩

「ニュースレター見たわよ」とお客様から声をかけていただく機会も増え、お客様と出店者とでコミュニケーションを取れるようになりました。
来客数が増えることも重要ですが、お客様とのコミュニケーションが取ることができるようになったことはとても大きかったですね。→《続きはこちら》

 

まとめ

「テンプレート型」のニュースレター作成のサービスを提供している会社が多いですが、「本当にお客様の心に届くのかな?」と思ってしまいます。確かにお手軽なんですが…。
当社は、クライアント様ごとに完全オリジナルのニュースレターを制作させていただいています。
ニュースレターは会社やお店の会報誌という大事な位置づけですので、丁寧に打ち合わせを重ね、関係性を深めながら構成を考え、取材。撮影をさせていただき、真心を混めて読み手の心に響くニュースレターを制作させていただいております。
ニュースレターのサンプルを見てみたい!という方は、問い合わせページから「サンプル送付希望」と入力いただき、送信ボタンをクリックしてください。

サンプル送付希望の方は→こちらからお願いします。

 

facebookページを運営しています→こちらから「いいね!」をお願い致します!

 

ニュースレター制作対応地域

■千葉県
千葉市中央区/千葉市美浜区/千葉市稲毛区/千葉市花見川区/千葉市若葉区/千葉市緑区/いすみ市/勝浦市/茂原市/市原市/袖ケ浦市/木更津市/君津市/富津市/東金市/大網白里町/横芝光町/山武市/八街市/四街道市/佐倉市/富里市/成田市/香取市/匝瑳市/旭市/習志野市/八千代市/印西市/白井市/船橋市/鎌ケ谷市/柏市/松戸市/我孫子市/流山市/野田市/市川市/浦安市/その他千葉県全域
■東京都
東京都江戸川区/葛飾区/足立区/江東区/墨田区/台東区/荒川区/文京区/千代田区/中央区/港区/新宿区/渋谷区/品川区/目黒区/世田谷区/大田区/中野区/杉並区/豊島区/北区/板橋区/練馬区/武蔵野市/三鷹市/その他東京都全域

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL