ニュースレターを発行している方に聞いてみた!~船橋漁港編~

2014.6.7|ニュースレター


DSC_0584

船橋に漁港があるってご存知でしたか?

実はご存知ないという方が多いようです。と、いいますのも、船橋市内人口の約73%の方が、船橋に漁港があることを知らないと言われているとのことなのです。
漁港で働いている方々は、日々誇りを持って新鮮な魚を地域の方に味わってほしいと思っているのに…、これでは手厳しすぎます。

「ならば、もっと漁港の中に入りやすい日を作ればいい!」

そう気付いてから、船橋漁港では毎月第三土曜日に朝市を開催されています。
そのPR・コミュニケーション手段の一助として、ニュースレターを選択されました。
果たしてその効果とは…。お話を伺ってきました。



なぜニュースレターを発行しようと思いましたか?

gyokou船橋漁港の朝市を我々が開催してから3年経ちますが、来客数をさらに増やすことと、各出店者の実店舗への誘導(来店)に繋げていくことが、運営をしていく上での課題でした。

朝市開催告知のPRのためだけであれば、web媒体で集客をする方法もあるでしょうが、ガッチリお客様とコミュニケーションを取るためには、アナログ媒体が効くのではなかろうか?と思い、ニュースレターの企画・制作を依頼しました。

 

どのような効果がありましたか?
ニュースレターに掲載中のレシピコーナーが人気です♩

ニュースレターに掲載中のレシピコーナーが人気です♩

 

ニュースレターを朝市時に配布するだけではなく、地域の新聞販売店さんに御協力いただき、開催前日の朝刊にニュースレターを折り込んでいただいていることもあり、来客数が圧倒的に増えました。
また、「ニュースレター見たわよ」とお客様から声をかけていただく機会も増え、お客様と出店者とでコミュニケーションを取れるようになりました。
来客数が増えることも重要ですが、お客様とのコミュニケーションが取ることができるようになったことはとても大きかったですね。

これからニュースレターを始めようとしている方に
一言お願いします。

ニュースレターを発行してから実際に効果が出るまでには若干時間がかかると思います。しかし、その効果は絶大です。「ターゲットを絞ること」「何を伝えたいか」「ニュースレターを見てどうしてもらいたいのか」を明確にすることで、さらに効果が高まっていくと思いますので、ぜひチャレンジしてみてください!

 

【おわりに】

毎回、船橋漁港さんの朝市に立ち会わせていただいていますが、明らかに来客数が増えているのがわかります。もちろんニュースレターだけの効果ではありません。みんながみんなを応援し、みんながみんなを宣伝し、そのコミュニケーションの輪がどんどん広がり、ファンが増えているのです。
その一助としてニュースレターという媒体を通して、朝市活性化の応援をさせていただいております。

あれ? ウチもニュースレターやってみたい!という方は→コチラからお問い合わせください



Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL