ニュースレターっていうネーミングじゃ弱すぎる?

2016.6.8|ニュースレター

昨日、代々木で一本納品を終え、渋谷で映像&WEB製作会社の社長とお茶をしていた時のこと。

「ニュースレターってネーミングにこだわりってあります?」と唐突に言われた。

その社長いわく。「既存顧客をおざなりにして売上が伸び悩んで苦しんでいる企業が山ほどあって、いわゆるニュースレターを求めているんですが、ニュースレターってネーミングだと伝わりにくいんです」とのこと。

普段普通に扱っているサービス名だったから、考えてもいなかった。まさに目から鱗だった。

「アナタが作っているのはニュースレターだけどニュースレターじゃない。既存顧客をフォローする、それ以上の価値がある。エビデンスも問題無い。そしてその媒体を求めている企業がいま多すぎるんですよ」

WEB業界のプロからの意見だったので、意外でもあり説得力がある。

「古いからこそ新しい。結局は紙媒体に戻っていくんです。メルマガなんて見られないんですから。紙媒体はオワコンだと思われている今だからこそ、最先端を走る企業は紙媒体に再注目をしてるんですよ。だからこそニュースレターってネーミングを変えてほしいです」

嬉しかった。近所まで来たからちょっと顔を見れればと渋谷に寄っただけなのに、こんなに貴重なアドバイスがいただけるなんて。

そんな経緯があり、ネーミング含め、サイトの構築も一新すべくゼロから組み立て直してます。

面白い展開になりそうです^^

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL