ニュースレターを営業ツールとして使うメリット

2016.3.15|ニュースレター

営業ツールの1つであるニュースレターは、豆知識やお客さまの声などを通して、顧客に商品や会社の魅力を知ってもらうものです。
直接商品やサービスを宣伝するのではなく、商品やサービスや会社について理解してもらって、そこから購入につなげるというのが、ニュースレターの特徴となっています。

しかし、このようなニュースレターには営業ツールとして、どのようなメリットがあるのでしょうか。
また、そもそも営業ツールには、どのような種類があるのでしょうか?
営業ツールの種類とともに、ニュースレターのメリットについて見ていきましょう。

 

営業ツールの種類

営業ツールの種類には、ニュースレターの他に、名刺やダイレクトメール(DM)、パンフレット、カタログ、チラシ、ノベルティグッズ、メルマガなどがあります。
これらは、商品やサービス、会社を売り込むのに欠かせないツールとなっています。
こうした営業ツールの媒体には、紙とWebがありますが、中には、両方の媒体を利用できるものもあります。

 

ニュースレターのメリット①〜顧客との距離が縮まる〜

ニュースレターに載せた従業員や社長の小話などから、会社や従業員、社長などのことを知ってもらうことができ、継続して発行しているうちに、自然と、顧客にとって会社がより身近な存在となることも少なくありません。
顧客との距離が縮まっていけば、信頼感が高まり、商品やサービスを購入してもらいやすくなります。

 

ニュースレターのメリット②〜社員のモチベーションの向上〜

ニュースレターの発行を始めたことで、顧客から声をかけられることが増えたり、ニュースレターの内容を元に顧客と話が弾んだりするようになって、仕事がより楽しくなったという声を多く聞きます。

また、ニュースレターでは、実際に商品やサービスを利用したお客様の声を載せていることも多く、そうしたものを通じて、仕事へのさらなる意欲がわいてきたという方もいらっしゃいます。
ニュースレターを営業ツールとして使うことで、このような思いがけないメリットもあるようです。
いろいろある営業ツールの中でも、ニュースレターを使うメリットにはこのようなものがあります。
ぜひ、営業ツールとしてニュースレターを利用してみてはいかがでしょうか?

 

飲んだくれのFan×Fun編集長

 

その他のニュースレター関連記事はこちら!

◎ニュースレターを送るメリット

◎ニュースレターのネタやアイデアの探し方

◎愛されるニュースレターは4つのコンテンツで決まる!

◎ニュースレターの効果を高める送り先

◎【お客様の声】ゴミ箱に捨てられてしまったニュースレターの復活劇

業界別ニュースレターの作り方はこちら!

・士業関係編

・不動産・住宅関係編

・飲食店編

・美容室・美容サロン編

・化粧品業界編

 

飲んだくれのFan×Fun編集長
Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL