【3月の販促ポイント】どういった顧客層がいるかを理解し、実践する。

2016.2.15|ニュースレター 販売促進

販促は月ごとによって違い、世の中の流れと合致することで、より効果的な販促することができるようになります。
そこで今回は、3月の販促ポイントについてご紹介いたします。

 

3月に行う販促のポイント

3月に販促を行うポイントとしては、3月がどういったシーズンなのかというところにあります。
それは、顧客層によってもシーズンの捉え方が違います。
大学生や社会人になる世代であれば、新生活を始めるシーズンですし、ブライダルが増えるシーズンでもあります。
また、独身の方もせっかく新しい年度が控えているからこそ、新しいことに挑戦を始める方もいらっしゃいますし、主婦層にとってはお子様が入学式や新しい学年になる季節でもあります。
したがって、どの世代にどういった角度から販促するのか、ということが3月に販促を行うポイントとなります。

 

イベントごとの販促の種類と注意点

3月は、ひな祭りやホワイトデー、卒業式、合格発表、春分の日など様々なイベントが控えていますよね。
ひな祭りでは、桃の節句を迎える女の子をお祝いするという角度から販促しますし、ホワイトデーではバレンタインデーのお返しにという販促を行います。
また卒業式では、卒業のお祝いのための販促をしますし、合格発表に関しては合格をしたお祝いの為の販促を行います。

しかし、クリスマスなどのイベントと違い、そのイベントに誰もが当てはまるわけではありません。
例えば、卒業式といっても全員が全員卒業するわけではありません。
したがって、イベントに当てはまらない人に対してどのような販促を行うのか、ということに注意する必要があります。

 

本日のまとめ

イベントに当てはまらない人に対して販促を行うポイントとしては、春はなにかと浮き足立つ季節。
その心理を上手く利用して、趣味など教養の部分においてなにか新しいことを始める意欲を掻き立てるような販促を行ったり、花が咲いて景色が綺麗なシーズンになるので、どこかにでかけたくなるような販促を行ったりすることが必要になります。

3月は新生活に向けて慌ただしくしている方がいらっしゃる反面、生活が落ち着いていて4月の新年度に向けてゆっくり準備をしている方がいらっしゃいます。

どういった顧客層がいるのかをまず理解し、検討することが3月の販促のポイントと言えそうです。

ニュースレターのコンテンツも上記の内容を意識して作成すると、ググッと心に響く内容に仕上がりますよ♪

 

よく読まれている記事はコチラ!

◎ニュースレターのネタやアイデアの探し方

◎愛されるニュースレターは4つのコンテンツで決まる!

◎ニュースレターの効果を高める送り先

◎【お客様の声】ゴミ箱に捨てられてしまったニュースレターの復活劇

業界別ニュースレターの作り方はコチラ!

・士業関係編

・不動産・住宅関係編

・飲食店編

・美容室・美容サロン編

・化粧品業界編

 

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL