ホンビノス貝に合うワインはこれだ!

2016.2.13|グルメ・ライフスタイル

皆さんはホンビノス貝という貝をご存知でしょうか?
日本では主に東京湾で水上げされているので、なかなかお目にかかれないかもしれませんが、最近注目を浴び始め、関東近辺ではスーパーでも見かけるようになりました。
ホンビノス貝を漁穫し、初めて流通に乗せたのは千葉県船橋市にある船橋漁港と言われています。

画像提供:ホンビノス貝のかねはち水産サイトより

画像提供:ホンビノス貝のかねはち水産様サイトより

 

形はハマグリより大きく、以前は大あさりや白ハマグリと呼ばれていましたが、誤解しやすいためホンビノス貝(ビーナス貝が名前の由来)と呼ばれるようになりました。
大きいものになると最大10cm以上になります。身も大きく食べごたえもあり価格もお手頃です。
その身はとてもジューシーで、旨みがギュッと詰まったとても美味しい貝です。
アメリカのサンフランシスコで有名なクラムチャウダーにはホンビノス貝を使用するのが主流と言われています。

 

改めまして、こんにちわ。
「ブルゴーニュ ワインショップ バーガンディ」の大塚です。

12106807_1508602676123660_1124662176347556925_n-1

今回はお客様からのリクエストにお答えして「ホンビノス貝に合うワイン」をお伝えしたいと思います。

 

ホンビノス貝のクラムチャウダーに合うワイン

クリーム系にはソービニヨンブランという品種の白ワインがおすすめです。
クリームのこってり感を口の中できりっとした酸味が洗い流してくれて、ボンビノス貝の旨みにも良くマッチングしますよ。

 

ホンビノス貝のワイン蒸しに合うワイン

今回はイタリアのファランギーナという白ワインをおすすめします。
パスタのボンゴレビアンコと相性が最高と言われているカンパーニャ州で作られる白ワインで、貝類との相性は抜群です。
さらにこのファランギーナでワイン蒸しを作ると、よりマリアージュを楽しめます。網焼きに合わせても相性は抜群。

 

ホンビノス貝のバター焼きに合うワイン

にんにくとバターで焼くなら、バターのニュアンスを持つ樽熟成の白ワインをおすすめします。貝は火を通すと臭みも消え、バターを加える事によって風味が増します。
ブルゴーニュの中でも、南の方で作られるボリュームのある白ワインととても合いますよ。

 

ホンビノス貝は他にもパスタやパエリア、キムチ鍋などいろんな料理にも使えるので是非ワインとのマリアージュも試してみてくださいね。

 

新鮮なホンビノス貝が買える船橋漁港の朝市が来週開催!

ニュースレターを毎月発行している「船橋漁港の朝市」は賑わいを見せています

 

都心から車で30分。千葉県船橋市の北部に位置する船橋漁港では、毎月第3土曜日に「船橋漁港の朝市」を開催しています。
新鮮な魚介類をはじめ、船橋産の農作物や加工物の販売など、毎回多くの方が足を運ばれています。

もちろん本日ご紹介したホンビノス貝も販売しています。(かねはち水産様ブース)

BBQ

このように、その場でホンビノス貝の美味を楽しむことも♪(BBQ王ホットフィールズ千葉様ブース)

 

今月は、20日(土)に開催されます。
「まだ行ったことない!!」という方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょうか?

 

プロフィール

DSC_7994resize

ブルゴーニュ ワインショップ
バーガンディ代表
大塚惠理子

JAL(日本航空)勤務時代の2003年ソムリエ呼称認定試験に合格。 2010年にはチーズプロフェッショナル取得し、その後ワインインポーター勤務を経て現在に至る。 2014年通信販売酒類小売業免許取得。

大塚惠理子
週に一度こちらのサイトでワインに関する記事を執筆します。Facebookページでお知らせをしますので「いいね!」を押して更新をチェックしてくださいね♪
Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL