【業界別】ニュースレターの作り方〜化粧品業界編〜

2016.2.3|ニュースレター

一度商品を購入されたお客様へのアフターフォローは行っていますか?
お客様と継続的に連絡を取りたいけれど何をしたらよいかわからず、そのままにしていませんか?
商品の積極的な売り込みは行いたくないけれど、お客様との関係は継続的にしていきたい。
そんなときにおすすめなのがニュースレターです。
今回は化粧品業界のニュースレターの作り方をご紹介していきます。

 

化粧品業界の読者って?

ニュースレターの内容を考える場合、読者層のターゲットを設定する必要があります。
化粧品業界の場合はニュースレターの読み手は「商品購入見込みの人」または「商品を購入したことがある人」になります。
会社で取り扱っている化粧品を購入して欲しいターゲット層を確認しましょう。
年代はどれくらいの年齢層なのか、男性と女性のどちらが多いのかなどで、ニュースレターのデザインも変わります。
化粧品を購入するのは圧倒的に女性が多いので、女性が目を通しやすい華やかだったり、オシャレなデザインにすると良いでしょう。

 

ニュースレターを作る目的って?

ニュースレターを作る究極の目的はお客様との人間関係を作ることです。
ニュースレターを読んでもらうことでお店に親近感を持ってもらうような内容を心がけます。
ですからニュースレター内では積極的な商品の売り込みは行いません。
商品を誌面に乗せる場合は簡単な紹介程度にとどめます。
商品の売り込みを行いたい場合は、別途チラシを作成してニュースレターに同封するようにしましょう。

 

化粧品業界のニュースレターの作り方

ニュースレターを作ることを決め、読者層を設定した後にニュースレターのデザインとコンテンツを考えていきます。
ニュースレターのデザインはテンプレートなどを参照するといろんなものがあります。
エレガントなもの、ナチュラルなもの、洗練されたものなど商品やお店のイメージに近いものを選びましょう。
ニュースレターのコンテンツですが、大きく分けると4つの内容に分かれます。

①商品紹介・お知らせ
②会社や社員の紹介
③役立つお得な情報
④お客様の声

以下1つずつ説明していきます。

 

①商品紹介・お知らせ

お客様との人間関係作りには、こちらが自己開示する必要があります。
簡単に言うとどんな会社でどんな人がどんな思いを商品に持っていてどんな働き方をしているのかを伝えましょう。
最近はまっていることなどプライベートなことを書くのもよいでしょう。
スタッフの顔が見えるとお客様は会社に親近感を持つようになります。

 

②会社や社員の紹介

新商品の発売予定やイベント情報、既存の商品の内容紹介がこの部分にあたります。
商品を紹介する場合はこのニュースレターをみて「買ってもらうこと」ではなく「知ってもらうこと」を目的にしましょう。
売らなければと力を入れて書くのではなく、さらりと情報をまとめるようにしましょう。

 

③役立つお得な情報

ニュースレターで一番大切な部分です。
売り込み情報だけだと購入意欲のない人はニュースレターを読みません。
役立つお得な情報やノウハウ、tipsがあれば継続して読んでみようかなという気になりますよね。
お客様にとってためになる情報に力を入れて書きましょう。
化粧品を購入する人が欲しい情報は何でしょうか?
スキンケアやメイクアップなど美容の情報はもちろん、インナービューティなど健康に関わる情報も喜ばれますね。
女性がターゲットならファッションやインテリア、ハウスキーピングの情報も喜ばれそうですね。
この部分は会社で扱っている商品にこだわらず、
「お客様に喜んでもらえるためになるお得な情報やノウハウ」をどんどん書いていきましょう。

 

④お客様の声

お客様から頂いた商品や会社への声は是非ニュースレターに掲載していきましょう。
商品使用後の感想を元に商品購入を決める人は多いので大切な情報です。
また、ニュースレターを作る側としても誌面を埋められるのでコンテンツ作りが楽になります。

 

ニュースレターを作ってお客様と人間関係を作り、将来の売上につなげていきましょう。

 

その他の業界のニュースレターの作り方はコチラ!

・士業関係編

・不動産・住宅関係編

・飲食店編

・美容室・美容サロン編

ではまた次回お会いしましょう〜〜〜^^

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL