【業界別】ニュースレターの作り方〜美容関係(美容室・美容サロン)編〜

2016.1.20|ニュースレター

美容関係の仕事では、集客の際にホームページだけでなく、ニュースレターを活用している店舗が増えてきています。

美容関係の集客で効果的なのが、既存顧客のフォローです。これをしないと、新規顧客を集めても売上が伸びません。
この仕組みをニュースレターなどで行えば、新規顧客の集客にも力が入れられます。
美容関係では既存顧客は重要な存在になるので、来店頻度をアップさせるなどの努力が必要です。
では、美容関係のニュースレターの作り方はどうすればいいのでしょうか。

 

来店したその日にニュースレターを渡す(出す)

来店したその日に、感謝の気持ちを込めたハガキやニュースレターを出せば、来店を促進させたり親近感を持ってもらったりすることができます。

美容関係の場合、ニュースレターを使用すれば自己開示をすることで、お客様と親しくなります。
ニュースレターで自分たちのことをさらけ出せば、親近感を持ってくれるので、また来店してもらえるようになります。
次回来店したときには、自己開示したことについて会話のきっかけとなり、コミュニケーションを取りやすくなる効果もあります。

 

既存顧客のためのイベントを企画する

新規顧客を呼び込むためのものではなく、既存顧客に向けたイベントを企画することも大事です。
イベントを企画すれば、ハガキを出す機会が増え、ニュースレターでもそのことを打ち出すことができます。
お客様を大事にするお店だというイメージを持ってもらえます。

イベントを企画するときは顧客データベースを活用します。
美容室ではカルテというものがあるので、簡単に入手することができます。

 

休眠客にも呼びかける

どこの美容室でも、半年や1年くらい来店しないお客様が存在します。
このようなお客様でもニュースレターを使ってアプローチすることによって、お店のことを思い出してもらい、再び来店を促すことが出来ます。

戻ってきてもらうには魅力的なオファーが必要で、2〜3割のお客様が戻ってきて、そのうち1割がリピート客になっても売上が上がるようになります。

 

その他の業界のニュースレターの作り方はコチラ!

・士業関係編

・不動産・住宅関係編

・飲食店編

 

ではまた次回お会いしましょう〜〜〜^^

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL