生活者データ「生活定点」を参考にしてニュースレターのコンテンツに活かしてみる。

2016.1.5|ニュースレター 販売促進

新年を迎え、昨日からジム通いを復活させています。
やっぱり1週間も体を動かさないと、鈍るわ重いわでロクなことないですね。
しっかり体重も1kg増量していました・・・。
年末から年始にかけて「増量キャンペーンじゃ~」などとイキって暴飲暴食していたのが原因ですね。

体は裏切らない(笑)まぁ、それはさておき・・・。

 

生活者データ「生活定点」を参考にしてニュースレターのコンテンツに活かしてみる。

「生活定点」ってご存知ですか? ちょっとサイト内から引用しますね。

 

博報堂生活総合研究所では、1992年から隔年で「生活定点」調査を行っています。
同じ条件で設定した調査地域で、同じ状況の調査対象者を毎回新たに抽出。
同じ質問を繰り返し投げ掛け、その回答の変化を定点観測している時系列調査です。

 

これを無償で公開してくれているんです。
こんな感じで。

 

スクリーンショット 2016-01-05 12.18.43

 

これが販促を組み立てる時やニュースレターのコンテンツを考える時、実に使えそうなんです。
「カテゴリーで見る」をクリックすると・・・

このように、いくつのもカテゴリーが並びます。

 

スクリーンショット 2016-01-05 12.49.00

 

例えば「15 情報」をクリックしてみます。

 

スクリーンショット 2016-01-05 12.49.51

はい。生活者へのアンケート項目がズラ~~~っと並びます。
「No.1188 広告は新しい暮らし方を教えてくれると思う」をクリックしてみます。

 

スクリーンショット 2016-01-05 12.11.58

 

前回の調査に比べ下降し、16.8%となったようです。
この結果を低いと見ますか?
僕は逆に「83.2%もの人が新しい暮らし方を教えてくれる広告を求めているんだな。ここにアプローチすべきだな」と軽くワクワクしました。

 

この結果、広告だけじゃないですよ!ニュースレターを設計する時も、と~~~っても大切!!

そして、この「生活定点」の面白いところは「似てるかもグラフ」。

 

スクリーンショット 2016-01-05 12.12.14

 

このように、他のカテゴリーの類似データを算出してくれるんです。
これ、思わぬヒントが転がっていそうですよね。
ニュースレターのコンテンツを考える時、どうしても視野が狭くなりがちですが、この「似てるかもグラフ」は違った視点を与えてくれそうですよね。(販促を設計するときも視野が狭くなりがち)

 

スクリーンショット 2016-01-05 12.18.43

アナタの業種に合った「生活定点」項目の生活者データを照らし合わせながら、ニュースレターのコンテンツを計画(販促もね)してみてはいかがでしょうか?

さらにお客様に喜ばれる独自の媒体へと育っていきますよ♪

 

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL