赤・白ワインのテイスティング方法

2015.12.16|グルメ・ライフスタイル

飲んだくれのFan×Fun編集長
あ~、もうダメだぁ~~~。師走の洗礼なの?自己管理のザツさが原因?ひょっとして人気者??
ブルゴーニュ姫
どうしたの?(人気者ではないでしょうね)
飲んだくれのFan×Fun編集長
もぅ~二日酔いなのか三日酔いなのか四日なのか・・・。頭がグルングルンする~。
ブルゴーニュ姫
どうして自分のペースでお酒飲めないの??
飲んだくれのFan×Fun編集長
飲みたい!んだけど、途中からもう楽しくなっちゃって、キャッキャッ言っちゃうの。「もうどうにでもなれ~~~~」って。
ブルゴーニュ姫
・・・(残念な人)
飲んだくれのFan×Fun編集長
オレだって、ホントは渋く眉間に皺を寄せながら、ワイングラスをグルングルン回して「いつもより多めに回っております」とか言ってさ、カッコつけたい!
ブルゴーニュ姫
ダンディーな人は、そんな染之助染太郎的なこと言わないし・・・。アナタと違って落ち着いてお酒の味を楽しめるし。
飲んだくれのFan×Fun編集長
え!!カッコつけてるんだよ、絶対!どうせ「今年中にはマスターしたい女性にモテる2015の法則」的な本を読んでるんだよ!どこに売ってんの、その本。っていうか、そんな本あるの??

あ~、頭がグルングルンする~~~~~。誰か助けて~~~~~。

ブルゴーニュ姫
・・・(断言しましょう。この人は一生モテることはない)

 

 

12106807_1508602676123660_1124662176347556925_n-1

皆さん、こんにちわ。ブルゴーニュワインショップ バーカンディの大塚です。

先週はスパークリングワインのテイスティング方法をお伝えしましたが、今回は赤・白ワインのテイスティング方法についてお話ししたいと思います。

 

知ってるようで知らなかった赤・白ワインのテイスティング方法

確かめるのは色(外観)、香り、味わいです。
シャンパングラスと違って3回ほどグラスを回し空気と触れさせます。これを「スワリング」と言います。

テーブルの上でスワリングする場合と、グラスを持ってスワリングする場合がありますが、慣れないうちは安定感があるテーブルの上でのスワリングをお勧めします。

また、デカンタージュという容器にワインを入れ替えてサービスされることがあります。

熟成しているワインのオリを取り除くという目的の他に、ワインと空気を触れさせ、本来は時間が経ち空気と触れ合うことで変わっていく香りや味わいを、短時間で変化させるという目的で行います。

先ほどご紹介したスワリングもデカンタージュと同じく、空気と触れ合う事で香りをたたせ、もともと持っている味わいを引き出すために行うものです。

スワリングをする時の回し方のマナーとして、右利きの人は反時計回りに、左利きの人は時計周りに回します。もしこぼしても相手にかからないように回すのがマナーとされています。

 

 

まれに「ブショネ」(フランス語でコルクを意味するブションから来ていると言われています)といわれるコルク栓に付着した細菌などが原因でワインが劣化していることがあります。

もし「ブショネ」ならコルクやワインから雑巾の生乾きのような匂いがします。少しでもおかしいと思ったらソムリエに伝えてください。ブショネであれば通常交換してくれます。

もし味わいや香り、色合いに問題なければ「結構です」と問題ないことをソムリエに伝えましょう。

ちょっとしたことですが知っていると、よりリラックスして食事を楽しめます。

クリスマスディナーなどの機会がある方は是非試してみてくださいね。

 

残りわずか!早いもの勝ちです!

現在のところ不定期的ではありますが、Fan×Funニュースレター(紙媒体)を発行しています。

今号から印刷部数を増やしたのですが、おかげさまで、もうすでに品薄状態となっています。

今月の表紙はフレンチ薬膳の坂井美穂さん♪

今月の表紙はフレンチ薬膳の坂井美穂さん♪

 

残りわずかではありますが、「私にも送ってぇ!!」という方は、[こちら]から連絡をお願いします。

 

ではまた来週お会いしましょう〜♪

ブルゴーニュワインショップ バーカンディではお客様のお料理に応じたブルゴーニュワインをご提案させていただいております。ワイン選びでお悩みの際は、お気軽にバーカンディまでご相談ください。

プロフィール

DSC_7994resize

ブルゴーニュ ワインショップ
バーガンディ代表
大塚惠理子

JAL(日本航空)勤務時代の2003年ソムリエ呼称認定試験に合格。 2010年にはチーズプロフェッショナル取得し、その後ワインインポーター勤務を経て現在に至る。 2014年通信販売酒類小売業免許取得。

大塚惠理子
週に一度こちらのサイトでワインに関する記事を執筆します。Facebookページでお知らせをしますので「いいね!」を押して更新をチェックしてくださいね♪
Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL