ニュースレターの書き方・作り方のポイントって?

2015.12.5|ニュースレター

最近、仕事同様の扱いでスポーツジムに行く時間を確保するようにしています。
「時間あるときでいいだろ…」と思ってしまうと行かなくなってしまうのを防ぐためです。
今朝も早朝にいくつか仕事を終わらせ、スポーツジムに行き、筋肉がプルプルしながら、今このブログを書いています。

それはさておき、今日は週に一度のニュースレターネタです。
ニュースレターは、売上向上のためのツールとして効果的ですよね。
しかし「ニュースレターを会社やお店で取り入れたいけど、いまいち書き方や作り方がわからないんだよね」という声をよく聞きます。

そこで今回は、ニュースレターの書き方・作り方のポイントと、どんな点に注意して作ればいいのか、そんな疑問にお答えしていきます。

 

【ポイント①】新着情報や豆知識を取り入れる。

ニュースレターを作る際には、新着情報や豆知識などを取り入れると良いでしょう。
具体的には、新商品や近々行われるイベントなどのお知らせや、商品のちょっと変わった使い方など商品に関する知識、一般的な豆知識など、読み手が興味を持ちそうな情報を盛り込みます。

【ポイント②】必ず自己紹介を取り入れる。

ニュースレターでは、自己紹介を取り入れることも、ポイントです。
自己紹介の内容には、自分や経営者などの趣味や好きなもの、最近ハマっていること、家族やペットのことなど、プライベート内容を取り込むことがおすすめです。
個人的なことを書くことで、お店や会社のことをさらによく知ってもらうことができます。

【ポイント③】お客様とのエピソードを入れる。

お客さまとのエピソードや、商品を利用したお客様の声などを紹介します。
紹介してもらったお客さまも嬉しいですし、
他のニュースレターを読んだお客様も参考にすることができます。

 

ニュースレターを作る際の注意点

ニュースレターを作る際に注意したいことは、何よりも読みやすいように書くことです。
ほとんどの場合、パソコンで作成することになると思いますが、読みやすい文字の大きさや行間、フォントで作成することが大切です。

また、ニュースレターの目的は、お客様に会社やお店のことを知ってもらい、
お客さんとの距離を縮めることにありますので、
商品の売り込みにならないように注意する必要があります。

 

本日のまとめ

いかがでしたか?
ニュースレターの書き方・作り方のポイントと注意点は、このようになっています。
あまり難しく考えすぎずに、まずはお客さまに知って欲しいな、
お伝えしたいなと思うことを中心に書いてみると良いでしょう。

 

【最近よく読まれている記事のご紹介】

◎ニュースレターって?

◎ニュースレターのネタやアイデアの探し方

◎愛されるニュースレターは4つのコンテンツで決まる!

◎ニュースレターの効果を高める送り先

◎【お客様の声】ゴミ箱に捨てられてしまったニュースレターの復活劇

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL