ネット全盛の今だからこそ紙媒体ならではの破壊力が際立つ。

2015.11.24|ニュースレター 雑記

ある程度、今月のレギュラー案件が終わったので、Fan×Funニュースレターの制作に着手しています。

全8ページ。確かにスゴイ労力がかかるんだけど、これには続けていく価値がある。

今年、やっとこさ土台が出来た、このFan×Fun。

H1_shot

まだ今年は自分の中でテスト段階だったけど、来年はニュースレターという枠を飛び出しちゃうくらい大きな動きをみせます。

今年よりも来年は更に紙媒体に力を入れていく。

 

なぜか? 効果があるからです。影響力が強いからです。

やはりネットの流れていく情報と違い、手元に残る宣伝効果はかなり大きい。

現に、初めて会う方に「自分こんなん作ってんすよ~」と渡すと、「あれ?いいなぁ~、ウチもこういうの作りたいんですよ」という声をかなりいただき、何件も仕事に繋がっている。

 

そう。このFan×Funは、「Fan(ファン)を増やし、結びつけ、関係性を深くすることでFun(楽しい)を連鎖させる」いわゆる「ハブ的媒体」として位置づけているニュースレターだけども、裏コンセプトとして、同時に自分のポートフォリオにもなっている。

 

確かに継続して発行をするニュースレターはコストがかかる。

それはわかる。

 

費用対効果が読みにくい。

それもわかる。

 

だからこそ、経営者の本気度が試される。経営者の愛が試される。

そう思う。

 

ただ、これだけは言える。

ネット全盛の今だからこそ紙媒体ならではの破壊力が際立つ。

(掲載する内容によるけどね)

そこに気づけるかどうか、それを続けられるかどうか。

「やる」か「やらないか」それだけの話。理屈は後からついてこい。

 

ぼくは「やる」。それだけの話。

 

最近更新した雑記(いちいちSNSにアップしないけど)

◎継続をするためにはゆっくり進んでゆっくり加えていく。

◎そんなに遠くのことなんて、小さな毎日を積み重ねていく。

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL