ジビエに合うワインは、これだ!

2015.11.12|グルメ・ライフスタイル

だんだん寒くなりジビエの美味しい季節がやってきました。

皆さん、こんにちは!ブルゴーニュワインバーカンディの大塚です。

先日のこと・・・。

飲んだくれのFan×Fun編集長
ジビエって何〜〜?なんか強そう!ラスボス感ハンパねぇ〜〜〜!
飲んだくれのFan×Fun編集長
ね〜、ジビエって〜〜?地べたからの冷気で足が超冷えるんですけど〜〜〜。これってジビエ?ジビエ状態なの?

と、残念な人が騒ぐので、先日都内のジビエ料理屋さんに伺い、たっぷりレクチャーをしてきました。

というわけで、今回はジビエに合うワインをテーマにお伝えします。

日本にも浸透してきたジビエですが「そもそもジビエって何?」という方のために少し説明したいと思います。

IMG_2722

ジビエって何?

ジビエは「狩猟によって食材として捕獲された野生の鳥獣」です。主にフランス料理で使われますが西洋には古くから狩猟の歴史があり、食文化には欠かせず昔から食べられています。鳥類は鴨やヤマウズラ、ハト、獣類はイノシシ、シカ、野うさぎなどがあげられます。

 

ジビエに旬はあるの?

晩秋から冬にかけて栄養を蓄えているのでこの時期のジビエは脂がのり味も格別といえます。狩猟の時期とも重なりこの時期がジビエの旬となります。

 

ジビエに合うワインは?

【鳥類に合わせるなら】

ジビエにはブルゴーニュのワインが合うと言われています。

鴨などの鳥類のジビエで肉質が淡白なものには、その味のバランスに合わせてボーヌなどのような優しい果実味のエレガントなワインがおすすめです。またブルゴーニュ地方の定番料理として鴨肉のオレンジソースがあるように、鴨肉とは果実味や酸味のある赤ワインがよく合います。

 

【獣類にあわせるなら】

鹿やイノシシの赤ワインソースなどでソースがこってりしているジビエ料理には、しっかりした味わいのものを合わせましょう。鳥類のジビエに比べて脂ものっていてソースもスパイシーなソースが多いので、ブルゴーニュの中でもしっかりタイプでスパイシーな赤ワインが合いますよ。

ブルゴーニュ姫 大塚さん

 

【残席わずか!】ジビエとブルゴーニュを楽しむ会を開催します!

otuka

日本ではまだまだ珍しいジビエ料理。是非試してみたい!という方のためにこの度東京、自由が丘のフレンチ「Kost」で「ジビエとブルゴーニュを楽しむ会」を行うこととなりました。ワインについてや豆知識など大塚が解説します。この機会にいかがでしょうか!

お問い合わせはワインショップバーガンディまで。

 

プロフィール

DSC_7994resize

ブルゴーニュ ワインショップ
バーガンディ代表
大塚惠理子

JAL(日本航空)勤務時代の2003年ソムリエ呼称認定試験に合格。 2010年にはチーズプロフェッショナル取得し、その後ワインインポーター勤務を経て現在に至る。 2014年通信販売酒類小売業免許取得。

ブルゴーニュワインショップ バーカンディではお客様のお料理に応じたブルゴーニュワインをご提案させていただいております。ワイン選びでお悩みの際は、お気軽にバーカンディまでご相談ください。

大塚惠理子
週に一度こちらのサイトでワインに関する記事を執筆します。Facebookページでお知らせをしますので「いいね!」を押して更新をチェックしてくださいね♪

 

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL