【ポタリング④】平日の真っ昼間に亀有まで優雅に両さん銅像をコンプリートする旅

2015.10.10|ポタリング

「なんでもっと記憶に残しておかなかったんだと後悔したよ」

同じような毎日を繰り返していると、記憶には刷り込まれにくい。思考にしても行動にしても振り幅がある毎日が望ましい。結果、その日々は色濃く記憶に刻まれている。それはあくまでも結果論であって、とどのつまりは「今日をどう楽しむか」に重きを置く必要がある。

AM:700 船橋駅出発。この日の気温17℃(写真は流用)

AM:700 船橋駅出発。この日の気温17℃(写真は流用)

 

ある程度の言い訳も済んだので、平日の真っ昼間から仕事もせずに優雅にポタリングをしてみることにした。

 

IMG_2457

 

江戸川河川敷。せわしなく行き交うJR総武線。多くの未来を乗せて今日も走り続ける。

「未来には夢がある。オレはそう思う」

 

「人はつまずくことが恥ずかしいのではない

立ち上がらないことが恥ずかしいのだ」

 

とはいえ・・・だ。

 

IMG_2460

 

急にこんな柱が折れたであろう残骸の突起物が現れて豪快につまずいたなんて言ったら恥ずかしい。自転車共々つまずいたなんて、とっても恥ずかしい。すぐに周りを見渡し、人の目を気にする自分なんて、もっと恥ずかしい。

そんな恥ずかしさを抱きつつ、蔵前橋通りから環状七号線へ。向かい風に耐えながらしばらくペダルを漕ぎ続ける。

 

IMG_2534

 

ここは東京都葛飾区の北部に位置する街「亀有」。

言わずもがな国民的漫画「こち亀」の舞台となっている街。

ちなみに、今日のブログのカッコ内の台詞は、両さんの名言を抜粋。

亀有駅を起点として、北に南に「こち亀銅像」がアッチコッチに建立されてるとのことなので、その全てをコンプリートすべく、発作的にポタってみた。というわけだ。

誰も得せず誰も損せず、なんとも自己満足的な優雅な時間の使い方ではないか。

 

IMG_2464

 

環状七号線、亀有2丁目の交差点を左折すると、「ワハハ両さん像」が迎えてくれる。

※あくまでも自分が巡ったルートの順番で展開します。

 

そのまま直進し、亀有信用金庫(H27年10月現在店舗建替工事中)前に「本田像」。

 

IMG_2468

 

バイクを下りたときの本田速人が見事に曲線で表現されている。

「銅像」と聞くと「ドデカイ」と勝手に思い込んでいたので、何度か往復してしまった。

今度は目を凝らしながら(そこまで小さくないですよ)亀有中央商店街へ入ると、陽気な「サンバ両さん像」。

 

IMG_2473

 

その角の路地を「ゆうろーど(亀有銀座商店街)」方面に向かうと、「少年両さん像」。ベンチが設置されていたので、ここで一休み。

 

IMG_2475

 

IMG_2478

 

仲町商店街を抜け、南口方面に向かう。

 

IMG_2481

 

Mドナルド同様、スマイル0円な「中川像」が地域住民を見守っている。

もうずいぶんな数を見た気がしたけど、まだ5つ。南口駅前へ。

 

IMG_2482

 

おぁ。さすがに立派!「両津勘吉祭姿像」が!

 

IMG_2484

 

「亀有を訪れる人々にとってより身近に感じられるようにと願いを込めて」平成18年に建立されたという。

 

IMG_2532

 

北口を出ると、「ようこそ!」と、すぐに「北口両津勘吉像」が。

 

IMG_2502

 

2006年に初めて建立された両さん像。

 

IMG_2501

 

「そろそろ座ってゆっくりしたい」とポタポタしていると、昭和レトロ感満載の「純喫茶クラウン」を発見したので、ここで一服。

中谷美紀・阿部寛主演の「自虐の詩」という映画で使われた店らしい。

 

12081618_10207401343932444_641527377_n

 

と、ここまでの原稿をこの店で書いている。

そう、後ろの席を陣取る年配の先輩方が話す、艶っぽくもどこか影がある「大人な情事」に耳を傾けながら・・・。(昼間です)

 

12083926_10207401343772440_1632116944_n-1

 

今日のブログに誤字脱字があるならば、それはきっと「大人な情事」の余韻を引きずっているから。

気を取り直して、亀有血液センター入口へ向かってみよう。

 

IMG_2520

 

おぉ・・・この笑顔。この「敬礼両さん像」。

なんだか心が洗われるようではないか。

さっきまでの「大人な情事話」が、まるでウソのよう。

 

IMG_2511

 

コミックスにも度々登場する亀有公園。

ベンチで休憩中の「ひとやすみ両さん像」が。

 

IMG_2513

 

おそらく僕と目的が同じであろう若者が二人で写真を撮っているので、仲間に入れてもらおうと近づいていくと、ササッと行ってしまった・・・。

まだ「大人な情事話」の余韻の残り香があるとでもいうのか・・・。

 

IMG_2518

 

そんなことはないぞ!と「ダブルピース両さん像」。

 

IMG_2510

 

今日のポタリングはここまで。

見事「こち亀銅像」をコンプリート!

(後日談。全然コンプリートできてなかった・・・)が、なんともゲーム感覚で、亀有駅周辺をブラブラし、平日の真っ昼間から優雅な時間を過ごさせていただいた。

同じような毎日を繰り返していると、記憶には刷り込まれにくい。思考にしても行動にしても振り幅がある毎日が望ましい。

今日のポタリングは記憶に色濃く刻まれることだろう。こんなに優雅な時間を過ごせたんだから。

 

12096217_903160399721525_8580618796195233681_n

 

優雅といえば・・・。

「薔薇と麗子像」の近くに「すし優雅」という寿司屋があったっけ。

 

982e387cc8bf92b074db2f31eb9d3d45_f47

 

そうだ。一昨年の僕の誕生日に、毎月ニュースレターでお世話になっている企業の社長さんに連れてきていただいた寿司屋さんだ。

カウンター7席のみの落ち着いた空間。

 

すし優雅

 

最も美味しい旬な食材を創作を加えたお寿司・和食をいただいた。

 

すし優雅和食

 

そういえばご無沙汰してしまっている・・・。

 

12077113_10207405980768362_929410718_n

 

今年は本当に色々なことがあった。良くも悪くも色々なことがあった。

今年の締めにカウンターの端っこで、ひっそりと今年一年を振り返ってみるのもいいだろう。そんな忘年会も悪くはない。

 

すし優雅和食2

 

旬な食材に舌鼓を打ちながら。

 

<終>

 

【関連記事①(別サイト)】

【発見】東北船橋はスイーツ天国だった!

船橋市の一番東からポタって(自転車でぶらぶらして)みた!

 

【関連記事②(当サイト)】

東京を食べ尽くす①[柴又の昭和ロマンとオバサマの思い出話]

那須高原リサーチ不足とズボンの問題①

那須高原リサーチ不足とズボンの問題②

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL