リピーター(顧客)の作り方

2015.9.30|未分類

今日も朝一で工務店さんにニュースレターの納品に行き、いつもの川沿いのベンチで愛車に見とれ、ボケ~っとしながら、明日のセミナーのシュミレーションをしていました。今日は一日スライド作りに追われそうです。

さて、今日のテーマは「リピーター(顧客)の作り方」です。

お店が繁盛するために重要なこと。

それはお客様に何度もお店に足を運んでもらうことです。

新しいお客様が来ることももちろん大事なことなのですが、一度きりの来店では意味がありません。しっかりとお客様の心をつかみもう一度このお店で買い物をしたいと思うことが大事になります。

ではどのような方法でお客様の心を掴めばよいのでしょうか?

 

清潔感のあるお店

お客様はお店に入ると隅々までチェックをしています。

飲食店ではお店に清潔かどうかもチェックされています。

ご飯を食べるお店が汚いとまた来たいとは思わないでしょう。

ご飯を食べる場所はきれいで清潔な場所が好ましいと思います。

飲食店だけでなく、どんなお店でもやはり清潔にしているに越したことはありません。

毎日少しずつ掃除を続けることで清潔感も継続します。

お客様に認められる清潔感のあるお店を目指しましょう。

 

店員さんの態度

お店に入ってお客様がすぐに目につくところとはどこだと思いますか?

それは店員さんです。お店に店員さんがいないところはありません。

スーパーでは品出しをしている人やレジで計算をしてくれる人、外には警備員さんがいるところもあります。すべてが働いている人になります。

働いている店員さんの態度が悪いと再度お店に行きたいと思わないでしょう。

いくら安いといっても店員さんの態度が悪いとまた行きたいと思うことはなくなってしまいます。また来たいと思える接客を心がけましょう。

 

リピーターを作るメリットって?

お店側がなぜお客様がたくさん来てほしいか、そして何度も足を運んでほしいのか。

それはお客様がお客様を呼ぶというメリットがあるからです。

もちろん同じお客様が何度も来てくれること自体がメリットではあるのですが、口コミや噂というものはお店を繁盛させるために必要なものなのです。

たくさんのお客様が来る中で自分の身近な人から紹介してもらって訪れたとき、印象のよいお店だとさらに誰かに伝えたくなるものです。

噂や口コミが広がれば広がるほどお店は繁盛するのです。

リピーターをしっかりと作ることがお店を繁盛させる第一歩へとつながるのです。

 

リピーターのダメな捕まえ方

何度もお店に足を運んでくれるお客様がいると繁盛につながるというのは間違いないと思うのですが、一つ方法を間違えてしまうとお店が赤字になってしまうことがあります。

それはお客様にまた来てほしいという一心でこちらが儲からない程の安さで何かを提供してしまうことです。

お客様は安いしいいものだからと何度もお店に足を運んでくれるでしょう。

しかし、それを何度も何度も繰り返されてしまうとお店は利益をだすことができません。

そのうえ知人などを紹介されてお客様がたくさん増えるとお店の赤字も進んでいきます。

リピートしてお店に来てくれるのはとてもうれしいことです。

しかし、お店が無理をしてまでお客様をキープするのはダメな方法です。

お店がしっかりと継続できるよう、リピーターの作り方も考えなければなりません。

 

本日のまとめ

お店にはたくさんの人が来てほしい。

これはお店をしている人なら誰しもが思うことだと思います。

しかし、間違ったやり方ではお店をダメにしてしまいます。

自分の思う精一杯の努力がお客様に通じ、リピーターのお客様が増える努力をすることが大事です。

しっかりと自分のお店のことを大事にしているとリピートしてくれるお客様も増えていくでしょう。

 

 

最近この記事がよく読まれています。

◎ニュースレターって?

◎ニュースレターのネタやアイデアの探し方

◎愛されるニュースレターは4つのコンテンツで決まる!

◎ニュースレターの効果を高める送り先

◎【お客様の声】ゴミ箱に捨てられてしまったニュースレターの復活劇

Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL