心が動かない? そりゃそうだよ。だって・・・。

2015.9.1|グルメ・ライフスタイル

何事にも興味を持てなくなってる。持っても心が動かなくなっている。
興味を持たねば持たねばと焦れば焦るほど、心は頑に閉じていく。
これが、ここ数年の自分のモヤモヤポイント&焦りだった。
この焦りに一筋の光を当ててくれたのが、この夏に行った沖縄旅行。
それはまぁ、意外な瞬間に。
IMG_2217
今年40歳。初めてのシュノーケリング体験。
「いいよ、そんなの。メンドクセェ。ビーチでさ、ビールでも飲んでさ」
というのが本心だった。
聞けば、一緒に旅行に同行している義母(73歳)も人生初のシュノーケリングを体験するという。
これで完全に退路が絶たれた。
9b7908286745af88861cfee896ad16bf_s
初めて自分の目で見る海の世界。なんだか人間が入っていってはいけないような神秘的な世界。
海中を彩る珊瑚の幻想的な世界。
「これか。深刻なダメージを受けている珊瑚礁というやつは…テレビで観たことあるぞ」
8f75900409239c7b0ab3ed57c911a91b_s
人生観が変わった!わけではないが、人生初の貴重な体験をさせてもらった。
シュノーケリング体験後は、しばらく無言でビールを飲んでいた。
なにを考えるわけでもなく、ひたすら無心に。
IMG_2219
やがて、沖縄の海に西日が沈んでいく。
それと同時に「酒が飲みたい」という考えが愚脳に昇りゆく(笑)
そして可能ならば、ナマで三線の音を聞いてみたい。
Google先生に聞いてみると「あ、マジか! ちょうど近所で三線ライブやってる店あるから、行ってみりゃいいじゃん?」とのことだ。
IMG_2220
一通りの「沖縄メシ」を堪能し、泡盛飲み比べも落ち着いた頃、三線をかかえたミュージシャンの方が登場。
IMG_2222
やはり観光客が多い店なのだろう。メジャーなナンバーが続く。
ステージ最後の曲は、BEGINの「島人ぬ宝」。
ここのワンフレーズで、心がドクン!と動いた。
僕がうまれた この島の海を
僕はどれくらい 知ってるんだろう
汚れてく珊瑚も 減ってゆく魚も
どうしたらいいのか わからない
「これ…さっき見た珊瑚じゃね?」「さっき感動した幻想的な世界じゃね?」
知っているはずだった。ラジオでも流れるし、よくこの歌を歌う方も知っている。
ちょっと衝撃的だった。キレイなメロディーラインにばかり耳がいっていた自分に気づく。
感度の悪い僕は、歌詞さえもメロディーラインのひとつであり、追えていなかった。
(なさけない・・・)
なんだか心臓がバクバクするので、テラス席に出てタバコを吸う。
IMG_2221
ここ数年の僕の焦り。
「何事にも興味を持てなくなってる。持っても心が動かなくなっている」
そうではなかった。日々、処理出来ないほどの情報を手に入れることができる。
興味を持つことだってできる。
ただ、そのあとの「自分で体験する」というアクションが、圧倒的に欠落していたんだ。
ネットを見て、知った気になっていないだろうか。
人から聞いた話だけで、知った気になっていないだろうか。
ちゃんと自分で体験してきただろうか。
答えはNo。体験してないんだから心なんて動くわけがない。(ただでさえ感度悪いんだし)
そんな、当たり前なことに気がついた・・・。
20代のころ、デザイナーの先輩に確かに言われていた。
「アクションを起こさないとリアクションは返って来ないんだ」
「人生はアメリカンクラッカーなんだよ」
改めて思う。これはつまり「体験をするという行程を怠るな」ということを言ってくれてたんだ。と。
そんな自分自身を見直す良い機会となった夏休みなのでした〜(笑)
Pocket
LINEで送る

コメント一覧

コメントはありません。

この記事にコメント

*

トラックバックURL